アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

未使用領域の取り扱い

上記 URL の説明書きでは、以下の記述があります。

It preserves the partitioning information of the disk, but only copies the data contents for volumes on the disk that are selected.

なんとなく、データ領域のみコピーという雰囲気ですが、実際のところ未使用領域の取り扱いがどうなっているのかを実験してみました。
テスト環境は VMware 上の Windows Vista なのですが、OS とデータ用の 2本のディスクがあることになっています。このうち、データ用の 1.1GB のボリュームを VHD に変換してみます。
Disk2vhdを起動するとボリューム全体のサイズが 1.10GB に対してSpace Required サイズが 318.08MB と表示されます。ちなみにエクスプローラ上からこのボリュームの使用領域を表示すると 336MB(352,567,296)となっていて若干 VHD の予想サイズのほうが小さいのですがまぁそこは気にしない。

特にオプションも無いのでそのまま作成を実行すると、スナップショットの作成が行われているメッセージが表示されてからコピー作業を行っている表示が行われます。
完成した VHD ディスクを確認してみると、なぜかファイルサイズが 646MB あったりします。