アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

パスワード解除と破壊

パスワード保護されたファイルや、暗号化をパスワードで解除するタイプのプログラムファイルに対して、パスワードを推測するなどして解除する方法を考えた場合に、一定回数パスワード入力を失敗したら、自己のデータを破壊するような仕組みを持つものってあるのかなぁと、ふと思ったのですが破壊してもあまり意味ないんですかね。
スマートカードのようなハードウェア的なものは破壊されると効果があるんだと思いますが、ソフトウェアというかプログラムのようなデジタル・データの場合には、コピーを持っておけば結局戻せるから一緒ですかねぇ。
電子メールに暗号化したデータと復号するプログラムを添付する場合、復号するプログラムが外部と通信を行って自己破壊するような仕組みでもよいのかなぁとも思ったのですが、添付されてきたプログラムが外部と通信を開始したら思いっきり怪しいですよね...orz