アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

EnCaseと日本語EUC

先週、大阪へ出張した際、月桃*1にて EnCase Ver 4.19a の画面を id:hasegawayosuke さんにちょっと見ていただきました。EnCase では文字列検索(キーワードサーチ)を行う際に、検索する文字列のコードページを指定することができますが、以下その画面についてのお話。

# hasegawayosuke 『EnCaseの画面を見る限り、忠実にWindowsに登録されているコードページ名を表示しているだけのようですので、Windows的にEUC-JPをまともにしないことには、EnCaseでEUC-JPを見るのは無理っぽいですねぇ。』

コメントで言われているEUC-JPは、コードページ51932のお話ですが、id:hasegawayosuke:20040819#p1さんところのコメントで YamaKen さんがコードページ 20932 について書かれています。(.NET であれば 51932 が実際に使えるんですかね?)
EnCaseでもCode Pageの選択画面で『JIS X 0208-1990 & 0212-1990』20932 を選択できることを帰りの新幹線で発見。
テストとして、秀丸エディタを使い、文字コードを日本語(EUC)指定で保存したテキストを EnCase で表示させてみたところ(貼り付けてある画像)表示はできているようです。<2004.8.26追記>

CP 20932
http://d.hatena.ne.jp/hideakii/20040826#1093496678
Windows における“日本語EUC”のコードページは?
http://d.hatena.ne.jp/hideakii/20040826#1093496678