読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

2015年でもお薦めしたいインシデント・レスポンス参考書籍?

インシデント・レスポンス系の書籍は最近読んでないので、正直何がよいのか分からないのです。

個人的には下記書籍で色々と勉強させていただきました。2002年の書籍ですので、コマンドとか今では参考にならないかもしれません。とはいえ、考え方とかは参考になるのではないかと考えています。 (図書館にあるのではないでしょうか)

インシデントレスポンス―不正アクセスの発見と対策

インシデントレスポンス―不正アクセスの発見と対策

  • 作者: ケビンマンディア,クリスプロサイス,坂井順行,新井悠,Kevin Mandia,Chris Prosise,エクストランス
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

上記書籍の洋書版については、第三版が出ているようですね。私は読んでないのですが、目次だけざっと見た感じ、Live対応なども含んでいるように見えるので、ちょっと読んでみたくなる内容です。 

Incident Response & Computer Forensics, Third Edition

Incident Response & Computer Forensics, Third Edition

 

 下記はまだ出てないですが(笑)、今年出るのでちょっと注目ですね。 

Hacking Exposed Computer Forensics, Third Edition: Secrets & Solutions

Hacking Exposed Computer Forensics, Third Edition: Secrets & Solutions

 

書籍ではないのですが、トレーニングなどで紹介している資料としては、NIST SP800シリーズがあります。IPAさんが日本語訳を出してくれてます。 

SP 800-61 rev.1 コンピュータインシデント対応ガイド
Computer Security Incident Handling Guide
https://www.ipa.go.jp/security/publications/nist/

SP 800-86 インシデント対応へのフォレンジック技法の統合に関するガイド
Guide to Integrating Forensic Techniques into Incident Response

同じく IPA さんの資料としては、下記もありますね。

情報漏えいインシデント対応方策に関する
調 査 報 告 書
http://www.ipa.go.jp/files/000002223.pdf 

 

インシデント・レスポンスとは少し異なるかもしれませんが、危機管理という点で今で絶賛お薦めなのは、「危機管理のノウハウ」シリーズではないでしょうか。

単行本の方が電車などで読むのには楽だと思いますが、まとまったのも出ていますね。佐々淳行氏の書籍は結構好きなので、他のシリーズ?、著作も拝読しておりますが、残念ながら講演などを直接拝聴したことがないのが残念です。 

危機管理のノウハウ part 1 信頼されるリーダーの条件 (PHP文庫 サ 1-1)

危機管理のノウハウ part 1 信頼されるリーダーの条件 (PHP文庫 サ 1-1)