アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

物理ディスク?論理ディスク?

Winmsd の出力結果。

ドライブ	G:	
説明	ローカル固定ディスク	
圧縮	いいえ	
ファイル システム	NTFS	
サイズ	6.03 GB (6,479,552,512 バイト)	
空き容量	4.55 GB (4,887,523,328 バイト)	
ボリューム名	ローカル ディスク	
ボリューム シリアル番号	B817C51B	

volume_dump の出力結果

Volume Name:            \\?\Volume{e8c0a3f1-645f-11d9-a5bb-005056c00008}
Volume Label:           ローカル ディスク
Mount Points:
                        G:\
Drive Type:             Fixed
Volume Serial Number:           B817-C51B
Maximum Component Length:       255
Volume Characteristics:
                        File system preserves case
                        File system supports case sensitive file names
                        File system supports Unicode file names
                        File system preserves and supports persistent ACL's
                        File system supports file level compression
                        File system supports named streams
                        File system supports object identifiers
                        File system supports reparse points
                        File system supports sparse files
                        File system supports quotas
File System:            NTFS
Volume Extents:
        Disk Number:     1
        Starting Offset: 0x0000000000007E00
        Extent Length:   0x0000000182362200

問題:この G ドライブは、固定ディスクでしょうか?それとも仮想ディスクでしょうか?
答え:仮想ディスク*1
さて、稼働中のシステムでこいう仮想ディスクの有無や、元になっている論理ファイルのパスを確認するにはどうすりゃいいんでしょね?

*1:ddで取得したディスクイメージファイルを、仮想ディスクとしてマウント