アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

Android の自動バックアップ(写真や動画)

Android のバックアップについては下記 URL で説明されていますが、写真や動画、については自動バックアップの設定を行う事ができます。

データをバックアップ、消去する
https://support.google.com/nexus/answer/2819582?hl=ja

自動バックアップのオン/オフを切り替える
https://support.google.com/plus/answer/1647509

 写真アプリを開き、 メニュー アイコン/ボタン> [設定] > [自動バックアップ] の順にタップし、[オン] または [オフ] を切り替えます。

この写真アプリの自動バックアップを有効にしている場合、自動的に写真がバックアップされますが、この内容は Google+ 側で確認する事ができます。

Android で設定している Google のアカウントで Google+ にアクセスし、左上のプルダウン メニューから「写真」を選択します。

次に検索のウインドウにあるプルダウンメニューから「自動バックアップ」を指定するか、直接 #AutoBackup を入力して検索すると、自動バックアップによりアップロードされた写真などを確認することができます。

複数のデバイスを使っている場合には、それら全ての自動バックアップされた画像が表示されますので、場合によっては現在使っていない端末で過去に自動バックアップされたものが含まれていたりするケースもあります。

Google+ で自動バックアップした画像ファイルをダウンロードする事ができますが、この時に「写真をダウンロード」の選択肢として、①元の写真、②補正済み、のいずれかを選択する事になります。この時、補正済みの写真をダウンロードすると、端末にあるオリジナルの写真とはファイルサイズなどが異なる状態でダウンロードされる事が分かります。

自動的に補正がかかっているケースでは、意識せずにダウンロードすると補正された写真のほうがダウンロードされることになるので注意が必要です。

(対象をチェックしておいてから)自動補正を適用⇒オフ、とし元に戻してからダウンロードすることで元のファイルサイズの画像をダウンロードする事が可能になります。

補正の影響は、データツール⇒データをダウンロード⇒データコピーのダウンロード、でアーカイブを作成してバックアップを取る場合にも影響します。自動補正したままアーカイブを作成すると、アーカイブに含まれる写真は補正された状態のものになります。補正を先に解除し、それからアーカイブを作成すれば元サイズの画像がアーカイブされる事になります。

 なお、ファイルサイズはだいたい同じ様なサイズになると思いますが、EXIF が変更されていますので同じにはなりません。また、ハッシュ値も当然ですがオリジナルとは一致してきません。エクスプローラのプロパティでみると分かりますが、元の場所のプログラム名が Google になるなど、EXIF 値がオリジナルと異なった状態で保存されているようで、ハッシュ値による同一確認がそのままではできませんね。