アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

ファイルが存在していた痕跡を調べる際、考えるべき項目は?

お題としては、該当デバイス上で特定のファイルにアクセスしたか?、または存在していたか(存在しているか)?、を調べなければいけないケースを想定。
※以下、最初のたたき台として作成したマインドマップ(整理できてないです)