アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

禁則文字

Windowsの場合、ファイル名に「 \, /, :, *, ?, ", <, >, | 」を含めようとすると、ファイル名にはこれらの文字が設定できないようにエラーになります。しかし、Windows以外の環境下ではこれらのファイル名が使われることもあるので、ケースによってはこれらの文字を含むファイル名がコピー元に存在する可能性があります。
Robocopyでは扱えないファイル名がある場合には、以下のエラーをログに記録して作業を継続します。
例:ファイル名「?ample.txt」とファイル名の一部に文字“?”を含む場合

	    New File  		     413 2010/01/29 23:49:08	E:\?ample.txt
2010/02/22 14:44:16 ERROR 123 (0x0000007B) Copying File E:\?ample.txt
ファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの構文が間違っています。

EnCaseの場合にはセクタ単位でのコピーですので、例えばMFTレコードやディレクトリエントリの内容がそのままコピーされます。EnCase証拠ファイルからこれらの禁則文字を含むファイル名をエクスポートしようとすると、これらの文字は中黒文字に置換されます。
ちなみにUNICODE制御文字がファイル名の一部に含まれている場合、それはそれでそのままコピーしてくれるようです。