アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

Sambaなどのファイルシステム

ファイル共有がLinux上のSambaなどで行なわれている場合、RobocopyによるSMB経由でのコピーではファイル名はユーザーが認識しているのと基本的に同じ名前で複製されることになると思います。
しかし、LinuxExt3とかのファイルシステム上では異なる形式かもしれませんので、ディスクのイメージで共有をコレクションするとファイル名ではまるかもしれません。ユーザーが認識ている状態で収集するほうが利便性が高い気がしています。ファイルシステムZFSですとか言われた場合には、Robocopyのほうが圧倒的に楽だと思います。セクタ単位でのコピーなのでZFSでもなんでも丸ごとはコピーできますが、その後の取り扱いで問題が出てしまいそうです。