アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

タイムスタンプの精度

NTFSの場合、ファイルのタイムスタンプは100nsレベルで記録されています。しかし、Robocopyを利用してコピーした場合、オプションにより秒レベルの時刻情報まではコピーできますが、ナノ秒のデータは欠落します。ナノ秒の情報が欠落したからといって問題になるケースがeDiscoveryにおいて有り得るのか謎であるのと、そもそも、その後のレビュープラットホームなどでは秒レベルでしか管理されないので気にする必要がないかもしれません。
あと、UNCパスなどSMB経由でのRobocopyでは、いずれにしてもナノ秒までAPI側で対応できないみたいなので、いずれにしても欠落するということかもしれません。