アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

引き続きSimple Carver Suite 4

Windows Searchデータベースの解析用に入手した Simple Carver Suite ですが、引き続き日本語文字列関連の取り扱いとかを確認中です。残念ながら本来の目的である Windows 7Windows.edb ファイルのパースには至っておらず、作者にサンプルファイルを送って確認してもらっている最中です。Windows 7 からはページサイズが変更されているのでその影響だとは思いますが...
Simple Carver Suite 自体は様々なツールの集合なので、個別に全部確認するのは出来ていないのと、実際に使うことがありそうなツールだけテストしていますが、半分くらいは日本語というか Unicode な日本語文字列は表示できている気がします。価格がとても安いのこれだけ日本語が扱えれば素晴しい!とか個人的には思っています。

Structured Storage Extractor:Windows 7 の StickyNotes.snt をマウントしてみたのですが、付箋の内容が読めてます。(削除されたのはEnCaseとかで見る必要がありますけど)
Windows Mail Store Extractor:そもそも対応してなさそうな Windows Live Mail のファイルだったのですが、これは残念ながらメールタイトルが化けてちゃんとでない雰囲気です
Windows Search Index Extractor:Windows XPWindows Searchの組み合わせについてはそれなりに日本語文字列のデータも扱ってくれています。他のツールがクラッシュしたのもこれだとOKだったので個人的には気に入ってます
WPG (Live) Viewer:タグで日本語文字列を設定してみたりしたのですが読めてます。
Skype Extractor:SQLite3なので問題なく読めるかな?と思っていたのですが、GUI上では日本語表示できているのですが、CSV へのエクスポートがエラーになりました。まぁ直接DB開いて見ればいいような気もするので...
HTML Title Extractor:意外に?これはなかなか便利なツールなのではないかと思っているのですが、残念ながらUTF-8なページ以外はタイトル取ってきても化けますね(当然か・・・)、あとなぜか、まっちゃさんのBlogの履歴ファイル名は扱えないらしくてツールがクラッシュしました(笑)

もともと主要な対応が米国とヨーロッパ圏ということで、そもそも日本語をサポートをしているツールではないのですが、Unicodeなデータなどであればそれなりにいける雰囲気です。