アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

仮想アプリケーション

Windows 7 の XP Mode などでは、仮想アプリケーションという機能がり、仮想ディスクイメージ内にインストールされたアプリケーションをホスト側の Windows 7 で実行することができるみたいですね。

Windows7: Windows Virtual PC RC: 仮想アプリケーション
http://norinaow.spaces.live.com/blog/cns!F9FCC23F05CDDEF3!278.entry

Windows 7 RCでの仮想アプリケーション(仮想Windows XPモード利用)
http://www.os-museum.com/win7rcxpm/win7rcxpm.htm

仮想アプリケーションでプログラムを実行した場合に、そのアプリケーションに関連するデータやファイルなどは、VHD ディスク内のみで発生すると考えればよいのか、ホストOS 側でもテンポラリファイルの作成などが発生するのか興味あるところです。