アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

生徒とのコミュニケーション

夜の講師陣反省会?において、プログラミングコースでは生徒同士や講師とのコミュニケーション手段として、Twitterなどを使っているそうで、それによりシャイ(死語)な参加者にも発言が促せるようで、なかなか面白い取り組みですね。セキュリティコースは危ないデータも扱うのでお外との接続が制限されている傾向にあるのですが、課題とかやっている最中に呟きたくもなるだろうなぁと思うことありますからねぇ。まぁ「やられたー」とか実際に呟いている生徒もいましたけど(笑)
っていうか、Twitter使ったことないのでよくわかんないんですけど、こいう時に使うのはなかなか面白そう。
まぁ、葉っぱな人からは「にこやかにしてないと駄目ですよ」と注意されてしまう今日この頃だったりしてますけど。