アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

Windowsベースのフォレンジック用起動ディスク

コンピュータ・フォレンジック用途で一般的に使われる起動用CD-ROMは、HELIXに代表されるLINUXベースの物が多いかと思いますが、Windows版の製品がリリースされたみたいですね。

SAFE boot disk (Consultant Version)
http://www.forensicsoft.com/catalog/product_info.php?products_id=31

Windows PEを使うということみたいですが、Linuxベースの起動CD-ROMではうまく認識できないデバイスについてもWindowsベースとすることで認識率を高めることが可能というのが売りなんでしょうか。
「これはっ!いいかも!!」と思ったのですが、よくよく考えるとターゲットがWindows OSで起動してもLinEn動かないので、冷静に考えるとどいう用途で使うかはツールや状況次第かもしれません。F-Responseのクライアントとか動かしてもいいかなぁとも思いましたが、そもそもF-ResponseならCD-ROMからOSを起動する必要がないしなぁ。
とはいえ、ライトブロック状態でWindows OSから起動してアクセスできるというのは、手軽という意味では良いかもしれません。
CD-ROMからの起動順序に変更するのが面倒だったりしないわけでもないですが・・・