アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

FAXxファイルシステム

Xbox Linuxプロジェクトのページに、FATxに関する解説記事があります。

Differences between Xbox FATX and MS-DOS FAT
http://www.xbox-linux.org/wiki/Differences_between_Xbox_FATX_and_MS-DOS_FAT

実物を見ていないのでわかりませんが、上記内容を見る印象では、FAT16というかFAT32の仕様が混ざっているようで、先の記事においてハイブリッドと書かれていたのがうなずけます。
ディレクトリエントリは64byte長で構成され、ファイル名は42文字までいけるようですが、Unicodeファイル名は未対応と書かれています。タイムスタンプ的には MAC time も格納されていますね。
ファイル削除時のディレクトリエントリ上のマークが 0x5e と FAT と同じなのはなんとなく笑える?興味深いところです。
Xboxパーティション構成に関する記述は以下にあります。

Xbox Hard Disk Partitioning
http://www.xbox-linux.org/wiki/Xbox_Hard_Disk_Partitioning

いくつかのボリュームに分けられているようですが、C:やF:といった論理ドライブ名の割り当てがあるのですね。