アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

NFKC

正規化形式として、NFKC を利用すると今回想定している U+30B7 U+030B の検索で問題がでてしまいそうですね。
NFKC を利用した場合、「フォレンシ U+3099 ック」は「フォレンジック」へ合成されるので、Word などからは検索しやすくなりますが、「フォレンシ U+030B ック」は合成されずそのままですから、「フォレンジック」では検索できません。