アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

やる奴が悪い

確かにそうなのですが、不正アクセスなどに使われる脆弱性って、想定の範囲外で使われてしまうので問題あるわけですよね?
笑い話にしかならない問題を報告されるケースもひょっとしたらあるのかもしれませんが、そこで受理しなかったら開発元は不具合があること知らないまま、さらにその不具合を広げるような開発を進めてしまったりしないのですかね。
あっ、そうか穴が大きくなってから報告するようにってことですね〜