アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

その他

ある日、突然やってきたシステム管理者に「君の暗号化ボリュームをいまから複製するからね」とか言われると、何も悪いことをしてなかったとしても良い気分はしませんよね。
できればそういった PC の利用者や社内の雰囲気、誤解による二次被害といったことへも配慮できるような保全(複製)の仕組みを、ディスクの暗号化等を導入する組織は考えておいていただけると、個人的には嬉しいなぁと思う今日この頃だったりします。