アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

1Gローカル転送

dd if=\\.\G: bs=??? conv=noerror of=test.dd *1

bs=	start time	end time	total time
512	6:22:08	6:25:20	0:03:12
	6:26:44	6:29:55	0:03:11
	6:34:54	6:38:06	0:03:12
	6:30:44	6:33:29	0:02:45
	6:39:21	6:42:14	0:02:53
	6:58:01	7:01:05	0:03:04
4,096	7:03:00	7:03:46	0:00:46
	7:04:32	7:05:15	0:00:43
	7:05:57	7:07:02	0:01:05
	7:07:39	7:08:24	0:00:45
	7:51:34	7:52:34	0:01:00
	7:53:00	7:53:44	0:00:44
1,024,000	7:09:28	7:10:24	0:00:56
	7:11:01	7:11:57	0:00:56
	7:17:31	7:18:31	0:01:00
	7:20:40	7:21:35	0:00:55
1,024,000,000	7:23:51	7:24:50	0:00:59
1,024	0:43:34	0:45:09	0:01:35
2,048	0:46:35	0:47:35	0:01:00

使っている dd.exe は Forensic Acquisition Utilities(beta2rc1)*2になります。
ブロックサイズを大きく取った場合に考えられるデータロストの可能性と共に、稼働中システムを複製する場合にはメモリ使用量についても考える必要がありますね。メモリをたくさん使うとスワップアウトを発生させることになり、ディスクへの“書き込み”が発生しちゃいます。

*1:ここでは省略していますが、追加で指定しているオプションによる違いが微妙に出ています

*2:http://users.erols.com/gmgarner/forensics/