アンタイ・フォレンジック伝道者の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

日本語が検索したいんですヨォ!

昨晩、某打ち上げの会場にて 犬の人から『文字コードって楽しいの?』という確信を突く!?突っ込みをいただいたのですが(笑)、ここ数日文字コードを調べているのは Computer Forensics の作業中に日本語の検索をしたい!という簡単な理由なんですよね。
もちろん、EnCase ではコードページを指定して日本語キーワードを検索することが可能ですから、それ使えばいいぢゃんというお話はここでは置いておきます(笑)