アンタイ・フォレンジック妖怪の独り言

基本的にはデジタル・フォレンジックの技術について取り扱っていますが、記載内容には高確率で誤りが含まれる可能性があります。

FTK日本上陸

id:connect24h:20040814#p1さんのところで、初めて知ったのですが Forensic Toolkit(FTK)*1 が日本へ上陸ですか。私も以前使ってましたが、結構使い勝手のよいツールでした。日本語ファイル名が表示できなかったので EnCase へ移ってしまいましたが、今はもう NTFS 上の日本語ファイル名の扱いも OK なんですかね?(念のため開発元のWebも確認したけどよくわからなかった)*2
去年かな?、どっかの ML (Sleuthkit-usersかな?)で質問*3してたらAccess Data社の人に“FTKが日本語化されると嬉しいか?”と聞かれたことがあるんですが、2004年末〜来年1月ごろには日本語化対応の予定って書かれてますね。
会社概要を見て、どっかでお見かけした名前だなぁと思ったら「実践コンピューター・フォレンジック(ASIN:489022825X)」本の著者さんなのですね。
検索したんですけど、結局みつけられなかった。まぁいいや(笑)>面白い研究会?

*1:http://www.ubic.co.jp/FTK.htm

*2:その当時でも日本語コンテンツは表示できてましたので、すでに対応ずみだよアタリマエ状態なのかもしれませんけど・・・

*3:確か、TSK&Autopsy の UTF-8 パッチの話をしてた頃かな